Chemical Communications 14 August 2020, Issue 63 表紙絵の制作

2020年8月6日公開。
大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 武田洋平准教授@Takephos らの研究成果をイメージする絵がChemical Communications @ChemCommun 14 August 2020, Issue 63 のOutside Front Coverとして掲載されました。

Chemical Communications公式ホームページ
-Outside Front Coverとして掲載されました。
Alchemy of donor–acceptor–donor multi-photofunctional organic materials: from construction of electron-deficient azaaromatics to exploration of functions – Chemical Communications (RSC Publishing)

京都大学医学部附属病院「移植後血栓性微小血管障害」研究概要紹介まんがの制作

2020年7月14日公開。
京都大学医学部附属病院の「移植後血栓性微小血管障害」研究の概要を紹介する漫画を作画:オギシノエ、制作・作画:はやのん理系漫画制作室が担当し制作しました。ウェブサイトに掲載されているプレスリリースpdfに「2ページバージョン」の漫画が掲載されています。

京都大学ホームページ
-研究概要を紹介する漫画を提供しました。
移植後血栓性微小血管障害の発症リスク因子を発見 -KSCTGコホート研究に基づく新たな最適治療戦略- | 京都大学 (kyoto-u.ac.jp)

[プレスリリース]ナノマシンにできないことを表現する不等式を発見 -応答の基本的限界をゆらぎであらわす-

2020年4月20日公開。
Andreas Dechant 理学研究科特定研究員と佐々真一 同教授らの研究成果、『ナノマシンにできないことを表現する不等式を発見 -応答の基本的限界をゆらぎであらわす-』プレスリリースに、はやのん理系漫画制作室よりプレスリリース図を提供しました。

京都大学プレスリリース発表資料ページ
-プレスリリース図を提供しました。
ナノマシンにできないことを表現する不等式を発見 -応答の基本的限界をゆらぎであらわす- | 京都大学 (kyoto-u.ac.jp)

[プレスリリース]「平成30年7⽉豪⾬時の積乱雲群の発⽣機構を解明」京都大学防災研究所、竹見哲也准教授

2019年9月19日に公開された京都大学防災研究所、竹見哲也准教授らの研究成果『平成30年7⽉豪⾬時の積乱雲群の発⽣機構を解明』プレスリリースに、はやのん理系漫画制作室より解説図を提供しました。

京都大学防災研究所プレス発表資料
https://www.kyoto-u.ac.jp/sites/default/files/embed/jaresearchresearch_results2019documents190919_101.pdf

東海大学工学部 光・画像工学科のまんがパンフレットの制作

東海大学工学部 光・画像工学科を紹介するまんがパンフレットが、学科公式ホームページに掲載されています。 こちらは、はやのん理系漫画制作室が2018年に制作した作品です。

東海大学工学部光・画像工学科ホームページ
-まんがパンフレットを制作しました。
問い合わせ(光・画像工学科) (u-tokai.ac.jp)

『めざせ!国際科学オリンピック』連載第1回が公開されました。

『めざせ!国際科学オリンピック』連載第1回が公開されました。第1回目は「科学のオリンピック?どんな大会?どうやって参加するの?」というテーマです。全10ページあります。理系漫画制作室は国際科学オリンピックを目指すみなさんを応援しています!

国際科学オリンピック公式サイト
-連載第1回目が掲載されました
めざせ!国際科学オリンピック (jst.go.jp)

国際科学オリンピック公式Twitter
@JST_SciOlympiad

「国際化学オリンピック日本大会」応援イラスト制作

2021年、日本で国際化学オリンピックが開催されます。大会に向け、はやのん理系漫画制作室より「OMoTeNaSi」ボードを掲げる高校生の絵を提供し、高校生を応援しています!イラストは2019年7月12日にオープンした大会公式サイトに掲載されています。

国際化学オリンピックの日本大会の公式ウェブサイトはこちらです。
https://www.icho2021.org/

[プレスリリース]古生物学的なアプローチを通じた地球外生命探査への挑戦 地球の生命が幸運にも絶滅しなかった確率は15%?!(略)

Springer Nature社の発行するScientific Reports誌に2020年7月30日付で掲載されました。 東京都市大学理工学部 自然科学科 津村耕司@tsumura_isas6 准教授の海洋生物の化石データから、地球上の生命が絶滅しなかった確率を推定する方法の成果発表です 。はやのん理系漫画制作室よりプレスリリース図をしました。

京都市大学ホームページ
-プレスリリース図を提供しました。
古生物学的なアプローチを通じた地球外生命探査への挑戦 地球の生命が幸運にも絶滅しなかった確率は15%?! 〜 地球外生命を探す天文学者が、地球の5億4000万年間の化石データから算出 〜|東京都市大学 (tcu.ac.jp)

[プレスリリース]速い分子酸素がグラフェンの網を通り抜ける現象を発見…東北大学国際放射光イノベーション・スマート研究センター(兼多元物質科学研究所)

2020年10月26日 掲載。
速い分子酸素がグラフェンの網を通り抜ける現象を発見…東北大学国際放射光イノベーション・スマート研究センター(兼多元物質科学研究所)小川修一助教らの研究グループと共同研究者による成果発表です。はやのん理系漫画制作室よりプレスリリース図を提供しました。

東北大学2020年のプレスリリース・研究成果ページ
-プレスリリース図を制作しました。
https://tohoku.ac.jp/japanese/2020/10/press20201026-01-graphene.html…

[プレスリリース]「ストレスおよびストレスに起因する組織損傷・炎症に対する50Hz 電界の抑制的効果を発見」帯広畜産大学・生命平衡科学講座原川信二 客員教授

2020年12月8日プレスリリース発表。
帯広畜産大学 @obihiro_univ 生命平衡科学講座(白寿)原川信二 客員教授 「ストレスおよびストレスに起因する組織損傷・炎症に対する50Hz 電界の抑制的効果を発見」Scientific Reports掲載。理系漫画制作室より図の提供を行いました。

帯広畜産大学プレス発表資料
-プレスリリース図を制作しました。
15press.pdf (obihiro.ac.jp)